鉄と結びつく性質

鉄と結びつく性質

ラクトフェリンが数々のウイルス対策に効果があるといわれるのは、鉄と結びつきやすいからです。ウイルスや細菌類も鉄と結びつきやすい性質を持っており、これらの生育環境を奪うため、抗菌作用が得られると考えられています。

 

■ 善玉菌の環境は奪わない
ラクトフェリンの優れたところは、善玉菌の環境は奪わないことです。善玉菌とは乳酸菌やビフィズス菌のことで、これらは鉄をあまり必要とせず、ラクトフェリンの影響をほとんど受けません。逆に腸内細菌の善玉菌が増えるという報告もあるため、体にとって悪い作用は起こらないのです。

 

■ 大腸菌も減らす効果
腸内の環境が悪くなると増殖する大腸菌にも、鉄と結びつく性質があります。この菌は腸内で割合が少ないものの、大部分を占める日和見菌に影響を与えます。日和見菌は善玉菌とも悪玉菌ともつかず性質を持っているため、どちらかの勢力が高くなれば自然と傾いてしまうのです。

 

■ さまざまな細菌やウイルス対策に
ラクトフェリンは鉄と結びつきやすい細菌、ウイルスの環境のみを奪います。風邪の原因となるウイルス、水虫菌、歯周病菌などの生育環境も減らしてくれます。そのためラクトフェリンを服用すると、全身の感染予防として使うことができます。